2019年10月18日金曜日

RFIDによる業務効率化

北野です。

現在弊社で重点的に取り組んでいるテーマの1つに、
「業務効率化」があります。

業務効率化の方向性には、
(1)人から人へ業務を移行する
(2)人からシステムへ業務を移行する
という2種類があります。


(1)人から人へ業務を移行する

獣医師が行っている業務を看護師に、
上長が行っている業務を部下に、
など、

業務を振り分けるイメージです。
特に獣医師の生産性を高めるためには、
獣医師に限定される業務(診療など)に
どの程度絞り切れるかが重要となります。

(2)人からシステムへ業務を移行する

定型業務や手間ひまのかかる業務などは、
人がやるよりもシステム(機械など)に移行するほうが、
結果的にコストが下がることがよくあります。

最近では、他業種においても
・自動精算機の導入
・在庫管理のシステム化
・予約システムの導入
などシステム化が進行しています。

こういった点を動物病院業界においても
積極的に学んで導入していく必要があるでしょう。

今後在庫管理などで注目すべき技術が
RFIDという仕組みです。

ユニクロでは全ての値札タグにRFIDタグが内臓されており、
会計時にはバーコードを読み込むのではなく、
レジ上のマットの上に商品を置くだけで、
商品を判別、会計が表示されるという仕組みになっています。

つまり、
レジ待ち時間の削減 ⇒ 顧客満足度向上
労働時間の削減   ⇒ 生産性向上
という2つの目的を達成できる取組でもあります。

弊社でも今後、この技術の動物病院業界での導入事例を
作っていきたいと考えています。



2019年10月4日金曜日

育て方の学び方

北野です。

「育て方が分からないんですよ、
どうしたらいいんですか?」

こんなご相談を週4くらいでお受けします。

今回は育て方について
私見を交えてお伝えしたいと思います。


(1)育て方の学び方

まず結論として、
「育て方は育てる中でしか身につかない」
という点が大切です。

冒頭のご質問をいただく方の多くは、 
実は育てるという行動をしていない、
というケースがよくあります。

つまり育て方を学ぶために最も必要な、
「育てるという実行動」をとっていなければ、
育て方は学べないのです。


まずは、ここを改める必要があります。


(2)育てるという実行動

基本的に自分が誰かを育てるとき、
最初にイメージするのは、
自分が育ててもらったときのやり方・方法です。

中には、
「自分は育ててもらっていない」
「自分で見て聞いて学んだ」
「背中を見て育てと言われた」

など、イメージができないことも多いようです。

職場における教育環境は
昔と大きく異なっています。

自分のときは、こうだったから・・・
という感情が行動を阻んでいることが多いです。
この点は時勢に合わせることが必要です。


(3)「やり方」と「あり方」教育

よくある誤解の1つとして、

これをやればバシッと育つ、みたいな
育て方の必殺技みたいなものがある
と感じているかたもいらっしゃいますが、
そのようなものはありません。

育てる際に分けないといけないのが、
「やり方教育」と「あり方教育」です。

やり方教育とは、

血液検査の使い方
・保定の仕方
・診療明細の作り方

などの技術教育を指し、


あり方教育とは、
・目標を持って働く
・周りとどう連携を取るか

などのマインド教育を指します。

やり方教育はマニュアルを作れば終わりですが
あり方教育はマニュアル化はできません。

あり方教育はスタッフ個々でやり方が異なり、
基本は「対話」によるものだからです。


何かを話したときに、
・どう反応するか
・どう変化するか
などを見て推し量りながらやるしかありません。

これが、
「育て方は育てる中でしか身につかない」
という所以です。


ですので、
育てようとしないことには、何も始まらないのです。

もちろん失敗することもたくさんあります。

先生方も最初から手術がうまく出来たわけではないと思います。

何回も何回も繰り返す中で、
身につけていったことでしょう。


人を育てるというのも全く同じことと言えます。
誰しもが全員初心者なのです。

最初から得意な人はいないのです。
ぜひ行動から始めてみて下さい。




2019年9月27日金曜日

新人におけるティーチング


北野です

最近、若手スタッフの教育に関するご相談をよくお受けします。

若手スタッフが指示を受ける、教えてもらった時の最初は「分かったつもり」になっている、もしくは「分かっているけどビビって聞けない」ということがよくあります。

この時の教える側の対応としては、「分かった?」という一言で済ませることが多いと思いますが、ここが問題です。その一言だけですと、「分かりました」しか言いようがないでしょう。これを解決するには、指示をした際に理解度の確認が必要になります。

例えば、伝えたことを復唱させる、手順を説明させる、資料作成であれば手書きで下書きさせる、など頭の中にあるものをアウトプットさせることで理解度の確認を行います。

もし、分かっていなければこのタイミングで修正してあげることで互いのストレスも減らすことができるでしょう。

なかなか伝わりにくい場合には、「5WH」を意識して細かく伝えるようにしてください。
「なぜやるのか」
「なにをやるのか?」
「誰に対してやるのか?」
「どこでやるのか?」
「いつやるのか?」
「どのようにやるのか?」

特に最近は最初の「なぜ?」が重要になっています。
納得感が行動の質に影響が出るからです。

教育時は最初の理解度の確認から始めてみて下さい。

2019年9月20日金曜日

組織作りにおける対話の重要性

北野です。

現在、担当している会員様先でのコンサルティングテーマで
最も多いのが人にまつわる問題、
いわゆるマネジメント関連です。

特に組織の成長が早い場合に、中の人がついてこれていないなど、
次のステップに向かうための組織作りが増えています。

組織作りには様々な方法がありますが、
主な手順としては、①課題の見える化、②対話、③解決策の実行となります。

最近はどの業界も採用難ということもあり、
従業員の定着化のために従業員満足度調査などのツール導入が増えてきました。

こういったものを利用することで、
一定程度は組織の状態を数値化することができ、
現状の課題が見える化されるようになってきます。

本来はこの見える化された課題において、
自院で何を取り組むべきか、どのような方向性でいくべきかなどを
従業員との対話の中で解決策を模索し、取り組んでいくのが理想的です。

しかし、多くの場合はこの「対話」を飛ばし、
解決策の実行を行うことが多いでしょう。
対話を行うことで何らかの不満などの
ネガティブな要因が出ることを避けたいのが本音だと思います。

対話を避ける際に、スピード感を持って行うため、と言えば聞こえは良いのですが、
多くの場合には、いきなりの解決策の実行で現場に混乱が生じます。
現場が取組の必要性を納得していないため、
「また院長が何か当新しいことを始めたよ・・・」と思われるかもしれません。

このように正しいステップを踏まないと、
いずれにしても混乱は避けられないことになります。

組織の成長モデルの1つに「タックマンモデル」というもので、
チームの成長として、
①形成期 ・・・ チームが形成される
②混乱期 ・・・ 意見や主張のぶつかり合いが起きる
③統一期 ・・・ 互いに理解し合いルールが定着し始める
④機能期 ・・・ チームが機能して成果が出始める
という4段階が必要というものがあります。

つまり対話による混乱は②混乱期にあたるものとなり、
組織の成長のためには健全な状態でもあります。

収集がつかなくなりそう・・・という場合には、
対話をする相手を上位層に限定して始めることも有用でしょう。

組織の2:6:2の法則にしたがえば
上位2割のスタッフとの対話から始めるということです。

動物病院は忙しい職種のため、
対話の時間を作るのが難しいと、よく聞きます。

しかし、
「今の時間」よりも「未来の時間」を考えると、
この対話は非常に重要です。

組織作りは最初から全てが上手くいくわけではありません。
色々な失敗や混乱を経て前に進んでいくものだと考えています。

是非未来のために今から始めていただきたいと思います。

2019年9月13日金曜日

動物看護師国家資格についての最新情報

北野です。

動物看護師の国家資格について、
新しい情報が発表されましたので共有します。

既に農林水産省のHPに掲載されている情報ですので、
ご存知の方もおられるかもしれません。

【参考:農林水産省HP内 愛玩動物看護師】
http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/doubutsu_kango/index.html


(1)国家資格の受験資格

詳細は下記資料によりますが、
既卒者においては、専門学校・大学の卒業生と、
未経験からの就業において、
3年・5年という就業期間のルールが設けられています。

それぞれ、講習会や予備試験などの合格をもって、
正式な国家試験の受験資格となるようです。

なお、事前に言われていたような
統一認定資格の保有は受験資格には影響しないようです。

【参考:農林水産省HP内 愛玩動物看護師の受験資格について】
http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/doubutsu_kango/attach/pdf/index-2.pdf

最初の国家試験は令和5年までに実施となっていますので、
既存スタッフに受験を推奨する場合には、
計画的に準備をしておくことが必要です。


(2)業務可能範囲

法案決定時には未定であった、業務範囲が、
ある程度発表されました。

国家資格保有者のみができる業務として、

診療の補助
・獣医師の指示の下に行う採血
・投薬(経口など)
・マイクロチップ挿入
・カテーテルによる採尿など

が具体例として記載されています。

一方で無資格者でもできる業務として、
その他の看護
・入院動物の世話
・診断を伴わない検査など
・動物の日常の手入れに関する指導・助言
(グルーミング、爪切り、歯磨き等)

が記載されています。
これを見ると、現状の業務のほとんどが無資格者でも可能となります。

むしろ、有資格者がいることで、
現在の獣医師業務の役割分担を行うことが可能になりそうです。
診療効率を高めるためには有効になりそうです。

【参考:農林水産省HP内 愛玩動物看護師の業務範囲について】
http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/doubutsu_kango/attach/pdf/index-3.pdf


国家資格の法案が成立した際に多くの病院様で、
既存の看護師さんたちが、自分たちは働けなくなるのではないか?
という不安が出てきたこともありました。

今回の発表で、資格の有無による可能業務範囲が明確になりました。

動物病院においても、生産性向上・診療効率化が重要になっていますが、
有資格者がいることで、診療効率化が一段と進みそうです。

体制の変更まであと4年ほどありますが、
診療フローの変更、役割分担、採用、既存スタッフの受験など、
準備すべきことはたくさんあります。

是非、今から準備を進めていただきたいと思います。