2019年1月30日水曜日

「やり方」と「あり方」


北野です。

2019年に入り早1ヶ月が経過しようとしています。

2月には獣医師の国家試験、
3月には大学・専門学校の卒業式、
4月からは新入社員を迎える、と

採用に関してのイベントが進んでいきます。

例年、4月頃になると新人教育についてのご相談を
お受けすることが増えてきます。

新人教育で最も大切なことは、
仕事の「やり方」教育ではなく、
仕事や社会人としての「あり方」教育である、
と考えています。

新入社員は初めて社会人として世の中に出ることになります。
ほとんどが学生脳のままであることが多いでしょう。

時間感覚、責任感、意識など、
全てが学生時代の延長線上です。

こういった新入社員に対して、
技術教育は行うものの、
マインド教育を行っていないことがほとんどでしょう。

特に動物病院業界は
新入社員を迎える4月が繁忙期ということもあり、
教育の余裕が無いという事情もあります。

人手が足りないから新卒採用を行った、
だから早く仕事を覚えて1人でできるようになって欲しい。
まずは技術教育だ、というのも本音でしょう。

しかし、技術教育を行うのみでは、
「何回教えても覚えてこない」
「覚える気があるのか分からない」
「仕事への責任感を感じられない」

などと、結局のところ、
技術教育自体も行き詰まることが多くなります。

そのため、まず教えるべきは、
「社会人と学生との違い」
「社会人としての責任」

等といった、
仕事や社会人としての「あり方」教育なのです。

新入社員が入るまで、
あと2ヶ月強、
従来の教育に加えて「あり方」教育を
追加してみてはいかがでしょうか?

2018年12月23日日曜日

前向きな表現

北野です。

会員様では色々な取組をされていますが、
院長以外のスタッフの参加姿勢により、
過ごす時間の密度が異なります。

取組自体の回し方にも工夫は必要ですが、
最も簡単なのは、
取組の名称を前向きな表現に変えることです。

例えば、
クレームであれば「ハッピーコール」という名称に

・自分たちが気づいていない問題点に気づかせてもらえた
・改善すれば誰かの幸せにつながる
という観点で


ミーティングであれば「未来会議」という名称に

・ミーティングは未来に関して話し合うことである
・未来に繋がる取組を考える
という観点で

というようにです。

取組が増えてくると、
ネガティブな感情を持つスタッフも出てきます。

是非、ネーミングにも工夫をしてみてください。

2018年11月30日金曜日

新しい求人のカタチ

北野です。

求人において新しい手法が増えてきています。

・ダイレクトリクルーティング
・リファラル採用
・社員口コミを基にした採用

などです。

これまでは、採用媒体に費用を払って広告を出し、
反応を待つというのが一般的でした。

広告費用によって掲載順や掲載枠が異なり、
多くの費用を払える方が優位という構図でした。

しかし、現在では、
CMでも有名なindeedの台頭により、
採用媒体経由ではなく自院媒体に誘導する方法や、

wantedlyなどの、
従業員の繋がりを活用した採用手法、

Vorkersなどの社員の口コミを
判断材料とした採用手法など、

多くの手法が生まれています。

動物病院業界においては、
indeedは定着しつつありますが、
その他の手法も徐々に浸透していくでしょう。

これらの手法が産まれた背景には、
企業から一方的に発信される情報への
懐疑という点があります。

いくら企業側が「よいこと」をアピールしても、
求職者に見透かされる時代になってきたといえます。

売り手市場であるという点は否めませんが、
今後の採用を成功させるためには、
従業員が満足して働き続けられる職場づくりが
採用の前提になってきたと思います。

今一度、自院の内部のことを考えてみてはいかがでしょうか?

2018年8月24日金曜日

目的と行動

北野です。

会員様では
秋健診の時期になってきました。

この時期は春と異なり
各会員様で独自性の強い内容になっています。

秋健診は春と異なり、
時間と手間をかけやすいため、
血液検査以外の項目も
含めることが多くなります。

会員様には
秋健診の目的として、
飼い主様に受診いただく以外に、
スタッフ教育を行うという面も
考えていただいています。

画像診断系を経験させたい

歯科関係を経験させたい

トリミングと連動して
皮膚関連を充実させたい

など様々です。


そもそも秋健診は
春と比べて飼い主様側に
受診するという意識が
まだあまり高くなく

病院側からの声かけ働きかけが
必要になることが多いでしょう。

スタッフさんに
能動的に動いてもらうためには、
単に飼い主様の受診という目的だけでなく、
スタッフ側に関わる目的があるほうが、
行動に移しやすくなります。

今は「何のために」という目的が
明確であり納得できるものでないと
人が動きにくいと感じます。

納得できるという点では、
自身の経験になるもの、
メンバーの経験になるもの
というのが最も効果的でしょう。

そろそろ秋健診の内容を
考える時期になっています。

検査会社かんの内容だけでなく、
独自性を考えてみてください。




動物病院専門経営コンサルティング
サスティナコンサルティング


http://f-snc.com

2018年8月19日日曜日

自由と規律

北野です。

先日、ある会員様と話していて、
高校時代に読まされた、
「自由と規律」という本を
思い出しました。

入学時の課題図書で、
何年も続いているという
伝統課題だったと記憶してます。

中学あがりの身には
読む気もおきず、
書いてあることもサッパリで、
理解不能だった記憶しか
ありません。


最近、
院内マネジメントにおいて、
この言葉が妙にしっくりきます。

病院という特性上、
命を預かる身として
規律が先行する
業種でもあります。

しかし、
最近のスタッフさんの傾向をみると

自由を追い求めると
規律やルールを求めるようになる

規律を追い求めると
自由を求めるようになる

といったように、
両者のバランスが
今まで以上に必要です。


自由を与えるには、
相手への信頼がベースに
なることを考えると、

挨拶ができる
ありがとうと言える
片付けができる
院前の植木の水やりができる
相手を見て話せる

などの
社会人としてのあり方教育を
技術教育よりも、
先に行うべきだと感じます。

自由を大切にしてきた病院ほど
こういった文化が抜けており
ルールや規律を増やさないと
人が動きにくくなってきます。


新入社員が入って
早くも半年が経とうとしています。
皆様の病院はいかがでしょうか?




動物病院専門経営コンサルティング
サスティナコンサルティング


http://f-snc.com